高校から直接アメリカへ進学するには

国際経験や高い英語力、専門能力を身につけることは、日本の大学ではなかなか得難いものとなっています。そのため高校を卒業後、日本の大学ではなくアメリカの大学に進学するという選択肢を選ぶ人もいるでしょう。
しかし、アメリカの大学に進学することになれば、大学選びや受験に始まり、授業についていけるのか、また卒業できるのかなど、留学には色々な不安がつきまとうのも確かです。

NCN米国大学機構の日本人学生受入制度は、そんな学生の不安をひとつずつ解消し、より高い成果を得るために25年以上運用されている実績ある制度です。

アメリカ留学を成功させる3つのポイント

ここではNCN米国大学機構が、高校生のアメリカ留学を成功させるために行っている「希望に合わせた大学選び」、「ハイレベルかつ経済的な留学」、「一貫した指導のサポート制度」といった3つのポイントを紹介します。

 日本人学生受入制度 学部課程
  • 1 希望に合わせた大学選び
  • 2 ハイレベルかつ経済的な留学を実現
  • 3 卒業までの一貫した指導で安心の留学

この動画のチャプターを見る

1.学生の希望に合わせたアメリカの大学選び

NCNの日本人学生受入制度で留学する学生(高校生)は、大きく分けて3つの方向性に分けられると思います。

1つ目は、すでにやりたいことや将来の職業がはっきり決まっており、その実現の手段としてアメリカの大学を選ぶ高校生です。


アメリカの大学は600以上の専攻を持っています。すでに将来の職業が決まっているのであれば、アメリカの大学に進学すれば、あなたの希望に必ず合う大学や専攻が見つけられます。

2つ目は、まだ将来の目標がはっきり決まっておらず、「アメリカで将来の目標を見つけたい」あるいは「英語力をつけたい」、「国際経験を積みたい」と考えている学生です。
アメリカの大学では、専攻の登録や変更が自由です。さらに条件が整えば途中で大学を変えることもできます。ですから、日本の大学に入学して、いざ勉強が始まってみたら、自分に合わなかったといって途方に暮れるなどということは、アメリカではありませんし、面白いと感じた勉強について、もっともっと深め、自分の将来を徐々に絞り込んでいくことができるのです。

3つ目は、日本では満足できない、世界レベルで戦ってみたいという学生です。
アメリカのトップスクールへの直接進学、途中で大学を遺跡できる「転学」の仕組みを活用したトップスクールをゴールにする留学など、もっと上をめざす学生にとっても、アメリカ大学への進学は必ず満足できる結果が得られることでしょう。

この動画のチャプターを見る

2.ハイレベルかつ経済的なアメリカ留学を実現

NCNの日本人学生受入制度で留学できる大学は、全米3500大学でも上位10%以内にランクされる日本のトップレベルの大学と同等かそれ以上の研究型大学、日本の旧帝大レベルの全米級の州立総合大学を中心に、特徴的な専攻のある大学、さらに、サポートの充実した大学、リベラルアーツカレッジや世界でもトップクラスの大学も含まれます。


その中でも人気は、この制度の学生のみを対象に授業料を最大6割程度免除するNCN特別奨学金制度を運用する大学です。

NCN特別奨学金制度を運用する大学の中には研究型大学も含まれますし、受験時に必要な成績条件があれば人数mv制限なく適用されるため、高いレベルと経済性を兼ね備えた留学が実現できます。実際に、毎年過半数の学生がNCN特別奨学金の運用大学に進学しています。
これらの大学では、授業料や生活費、食費まで含めて年間100万円台中盤から学べ、原則として卒業まで奨学金が継続支給されます。

このようにNCN米国大学機構では学生1人ひとりの将来の希望や学力、英語力、予算などに合わせて学びの内容を 保護者の方も一緒に確認しながら選んでいけるのです。

この動画のチャプターを見る

3.大学卒業まで一貫した指導で安心の留学をサポート

NCNの日本人学生受入制度では入学審査に始まり、留学準備から在学中の学業、生活指導など、卒業まで一貫した指導体制を作っています。
合格後の手続きや語学研修はもちろん、アメリカの大学生として必要な考え方や心構えに至るまで、徹底した留学準備を行います。さらに渡米後も、この制度の専任アドバイザーが現地で学習面や生活面の指導を行いますので、就職や進学についても万全も万全の体制となっています。

 日本人学生受入制度
 特別条件での入学
 卒業まで現地指導
 語学/準備研修
 徹底した就職指導

特に気になる英語力については、全く自信のない生徒から、留学経験者まで幅広く対応する語学研修プログラムを運用しています。そのため国内研修および大学の語学研修所で、アメリカの大学の授業に対応できる英語力を鍛えることが可能です。
そのためNCNの日本人学生受入制度であれば、個人留学と異なり入学審査の段階で必ずしも高い語学力を持っている必要はなく、いわゆる普通の高校生でもアメリカ留学ができる制度が整っているのです。

そうした結果、日本国内から大学卒業まで一貫した指導を行っているNCN学生の通算卒業率は90%以上と、高い成果を出しています。

さらに、高校の早い時期からアメリカの大学に絞って進学準備をしたい学生のための準備生課程も設けています。ぜひ保護者の方と、早めに進学説明会で相談してください。

アメリカ大学への留学は、あなたが考えている通り、またはもっと厳しいところかもしれません。しかし、NCN米国大学機構の指導のもと、ひとつひとつのステップをしっかり踏んでいけば、必ず成功し、卒業までたどり着けます。あなたに必要なのは前向きにがんばる気持ちと行動だけです。

まずは進学説明会やセミナーにお越し下さい。そして、あなたの考えや想いを私達にぶつけてみてください。私達も全力で応援します。あなたの挑戦をお待ちしています。

この動画のチャプターを見る

高校生・大学受験生の
米国大学進学トップページを見る

米国大学への挑戦

米国大で何を学ぶ?専攻解説

その他コンテンツ

まずは進学説明会へ

資料請求はこちら

日本人学生受入制度

NCN米国大学機構の日本人受入制度は、今年で30年目を迎えるアメリカの大学自身が運営に参加する米国大学進学・留学のためのプログラムです。
これまで7,000名以上がアメリカの大学に進学・留学し、その大多数を占める正規学部生として入学した学生は、95%が卒業し、社会の第一線で活躍しています。

写真ギャラリー


もっと写真を見る


2008-2016 NCN institute all right reserved.

NCN 米国大学機構