留学体験談

国際関係学

洋上大学で世界を生体験

内田 絢子さん
ジョージワシントン大学

ジョージワシントン大学で国際関係学を専攻した内田絢子さん。在学中に、客船に乗って世界9か国を回りながら、船上の教室で授業を受け、上陸したそれぞれの国で人々やその生活に触れる「洋上大学」に参加した。アメリカ中の大学から留学生を含むさまざまな学生が集まるミニ世界と、実際の世界とを体験するプログラムを中心に聞いてみた。

世界の実情を知って、国際開発への関心を高めた

洋上大学参加のきっかけは?

とにかく世界の実情を自分の目で見たかったんです。

印象に残っていることを教えてください。

南アフリカは、街は都市化して平和そうなのに、人種差別がいまだに残っていて、警察にも守ってもらえない外国人の話を聞き、愕然としました。また、インドでは、下層カーストの人の家作りを手伝ったのですが、生き生きとクラス現地の人と出会い、かわいい子供たちと一緒に作業をしたのが楽しかったですね。

国際開発に関心があるんですね。

国際開発には功罪両面があります。授業では、開発援助がかえって現地の貧富の差を広げているという事例を学びました。開発は現地の人と相互信頼を築きながら進めることが基本なんです。でも、それがされずに、ひずみが生じる場合も多いのです。私は、洋上大学で、自分が偏見のない態度を示せば、異なる文化圏の人も心を開いてくれることを何度も実感しました。それを踏まえて、国際開発スタッフが現地で見せる笑顔の重要さについての文章を読んだとき、納得がいきましたね。

国際関係学についてもっと知るための進学説明会を開催

この専攻の留学体験談はこちら

資料請求はこちらまずは進学説明会へ

お電話でのお問い合わせ

本サイトからのお問い合わせはこちら

まずは進学説明会へ

資料請求はこちら

日本人学生受入制度

NCN米国大学機構の日本人受入制度は、今年で29年目を迎えるアメリカの大学自身が運営に参加する米国大学進学・留学のためのプログラムです。
これまで6,900名以上がアメリカの大学に進学・留学し、その大多数を占める正規学部生として入学した学生は、95%が卒業し、社会の第一線で活躍しています。

写真ギャラリー


もっと写真を見る


2008-2016 NCN institute all right reserved.

NCN 米国大学機構