留学体験談

航空学(パイロット)

日本の航空会社に就職

成田 裕貴さん
カンザス州立大学

NCN2004年度生 成田裕貴さんは、カンザス州立大学で航空操縦学を専攻。アメリカのライセンスを持ってJALグループのJ-AIRの未経験枠に応募し、採用された。入社後は日本での事業用ライセンス取得と乗務準備のため、オーストラリアと日本国内での訓練を経て、副操縦士として活躍中だ。

入学翌日には操縦桿を握っていた

フライトトレーニング

シミュレータ

航空操縦学をアメリカの大学で学ぼうと思ったのは?

小学生の頃からエアラインパイロットが夢でした。高校のころ、いろいろな進路を調べて、アメリカの大学の航空学専攻をみつけたのです。航空大学校も考えましたが、まず大学に入らなければならない。それならアメリカの方が早く空を飛べる、と思いました。特にカンザス州立大学は、機材も多く、空を飛ぶ機会も多そうだと思い、決めました。

訓練の様子は?

第一印象は、カンザスは空が広い、ということでした。早く空を飛びたくて選んだアメリカでしたが、想像以上でしたね。入学翌日には教官とのフライトで操縦桿を握らされ、2週間後にはソロフライトが普通なんです。さすがアメリカだ、そこまでやらせるのか、と思いました。2年目になると、週4回も操縦訓練があるんです。

大学での学びのすべてが就職後にも活きる

大学で操縦を学ぶことの意味は?

専門学校がライセンス試験に合格するための教育なら、大学は安全なパイロットを養成するための教育。安全を学ぶ講義が多いんです。例えばHuman Factor(人的要因)というコースでは、人間の目、呼吸、血液などのしくみを学びますが、これは人的ミスをなくすための知識になります。

小学生時代からの夢を実現しましたね。

調べ尽くした自分の夢ですから、自分を信じてやるしかない、そんな思いでした。アメリカでは教官としても働きましたが、当時学んだすべてが就職後の訓練に結びつきました。オーストラリアでの再訓練でも英語で不自由することはありませんでしたし。

進路で悩んでいる人へのアドバイスをお願いします

大学選びは慎重に行い、自分の好きなことを勉強できる大学・学部に進んで欲しいと伝えたいですね。

航空学(パイロット)についてもっと知るための進学説明会を開催

資料請求はこちらまずは進学説明会へ

お電話でのお問い合わせ

本サイトからのお問い合わせはこちら

まずは進学説明会へ

資料請求はこちら

日本人学生受入制度

NCN米国大学機構の日本人受入制度は、今年で30年目を迎えるアメリカの大学自身が運営に参加する米国大学進学・留学のためのプログラムです。
これまで7,000名以上がアメリカの大学に進学・留学し、その大多数を占める正規学部生として入学した学生は、95%が卒業し、社会の第一線で活躍しています。

写真ギャラリー


もっと写真を見る


2008-2016 NCN institute all right reserved.

NCN 米国大学機構