留学体験談

スポーツ学

ボストン・レッドソックスに就職

高校時代からの憧れだったメジャーリーグ。その伝統チームであるボストンレッドソックス傘下で、プロのトレーナーとしてキャリアをスタートする幸運に恵まれた梶山聡司さん。ボストン近郊のブリッジウォーター州立大学でアスレティックトレーニング学を学んだ彼に、アメリカで夢を実現した思いを聞いてみた。

 スポーツ文化もシステムも進んだアメリカで学びたかった

━━━留学を決意したのは?
アスレティックトレーナーになるためです。その理由は、野球に関わる仕事がしたいという単純なものです。当初日本の大学への進学を考えていましたが、『トレーナーならアメリカでしょう』という先輩の一言で、アメリカの大学への進学を思い立ちました。事実日本よりもシステムが発達し、認定資格もあり、何よりスポーツ文化の規模が遥かに大きい国だったので、気持ちはアメリカに傾いていきました。
━━━苦労はありませんでしたか。
留学を決意しても、高校時代の英語の成績が良くなかったので、担任の先生には止められる、母親には反対されるで、前途多難のスタートでした。それでも卒業までやってこれたのですから、留学したことは決して間違っていなかったと確信しています。

 アメリカで次々にチャンスを得て、夢を実現

━━━アメリカで夢を実現するまでを教えてください。
苦手な英語で毎日教授に質問し、あきれられるほどオフィスに行って進路相談をした時期もあります。その結果、メジャーリーグのピッツバーグ・パイレーツでインターンとして働くことができたのです。さらにアイビーリーグの名門、ブラウン大学で実習のチャンスもあり、卒業後、レッドソックスで働くことができるようになりました。
━━━留学前の夢を実現できたのですね。
この4年間で自分は成長できたのかもしれません。でも今の自分に大事なことは、前を見続け、さらに次のステップへ進むことです。これからはプロのトレーナーとして、よりいっそうの努力と責任感をもって前進していきます。

資料請求はこちらまずは進学説明会へ

お電話でのお問い合わせ

本サイトからのお問い合わせはこちら

まずは進学説明会へ

資料請求はこちら

日本人学生受入制度

NCN米国大学機構の日本人受入制度は、今年で29年目を迎えるアメリカの大学自身が運営に参加する米国大学進学・留学のためのプログラムです。
これまで6,700名以上がアメリカの大学に進学・留学し、その大多数を占める正規学部生として入学した学生は、95%が卒業し、社会の第一線で活躍しています。

写真ギャラリー


もっと写真を見る


2008-2016 NCN institute all right reserved.

NCN 米国大学機構