NCNの理念

アメリカの大学の優れた教育をより多くの学生に

NCN米国大学機構は、日本の高校生から社会人の方にアメリカの大学での教育機会を提供することを目的に、1990年に作られた非営利団体(一般財団法人)です。

当機構には役員として米国大学の学長経験者が参加。3,500以上あるアメリカの大学より厳選された36の受入大学において教育/留学制度である“日本人学生受入制度”を運用しています。日本においては東京・大阪・名古屋の事務局/支局にて日本国内での指導サポートを実施しています。

NCNが目指す「日米を中心とした高等教育交流ネットワークの活性化」

NCN米国大学機構はアメリカの大学の連合組織であると同時に、日本政府および文部科学省の方針に強く打ち出された“日本の教育のグローバル化”に貢献していくことも目的のひとつです。

近年、日本の大学においては、グローバル人材を育成すべくアメリカの大学への一時留学を義務づけた国際教育プログラムが増えています。それらをより良いものにするため、私たちの26年にわたる経験をフィードバックし、米国大学とのプログラムコーディネート、教育的指導も含めた留学準備、現地での指導およびサポート、就職指導のバックアップ等、日本の大学においてもより質の高い留学プログラムを供給するための支援を行っています。

私たちNCN米国大学機構は、アメリカの大学を中心とした総合国際教育機関として、明日を担う若者の育成に努めるとともに、日米を中心とした世界の国々との高等教育交流ネットワークの活性化を目指して参ります。

資料請求はこちらまずは進学説明会へ

お電話でのお問い合わせ

本サイトからのお問い合わせはこちら

まずは進学説明会へ

資料請求はこちら

日本人学生受入制度

NCN米国大学機構の日本人受入制度は、今年で27年目を迎えるアメリカの大学自身が運営に参加する米国大学進学・留学のためのプログラムです。
これまで6,700名以上がアメリカの大学に進学・留学し、その大多数を占める正規学部生として入学した学生は、95%が卒業し、社会の第一線で活躍しています。

【写真をクリックでギャラリーへ】


お知らせ・新着情報

トップスクール

米国大学編入


2008-2016 NCN institute all right reserved.

NCN 米国大学機構